没後50年 河井寛次郎展

パラミタミュージアム開催中の企画展です。

 

2018年1月2日(火)~2月25日(日)※会期中無休

近代陶芸を代表する陶芸家、

河井寬次郎(かわい・かんじろう/1890~1966)は

島根県安来市に生まれ、

東京高等工業学校(現・東京工業大学)で

陶芸を学びました。

1920年京都五条坂の清水六兵衞の窯を

譲り受け、中国・朝鮮の古陶磁を研究しつつ

独自の技法と作風を作りあげました。

また、柳宗悦、濱田庄司らとともに

民藝運動を推進し「用の美」を追求しました。

本展では京都の旧宅であった

河井寬次郎記念館所蔵の作品を中心に

陶芸や木彫や書、調度類など約150点を紹介し、

寬次郎の仕事の全貌と、

その深い精神世界を辿ります。

 

素敵な陶芸作品ばかりです。

是非一度行ってみてください(о´∀`о)

2018.01.28 | 最新情報

ページの先頭に戻る